\\\\<
連絡先会社概要企業理念最新情報
 




////////////////////KYOTO//////ASIA/////////////// 

アジアヒューマンリソース合同会社へ

フラッシュムービー
東南アジアに特化した私達のマンパワー導入支援事業・貿易業はアジアの真の相互補完関係の構築をテーマとして常に、最善且つ最適なソリューションを追い求めています。
 
////////////////////MANPOWER//////ASIA///////////////  
■■私たちは2025年に予想される超・人口減社会に、真正面から立ち向かいます!
 
2015年は過去最多の人口減-27万人を記録し、出生数も1979年の統計開始以来の過去最少100万3554人に留まりました。
最早、この傾向に改善の余地はないといえます。

少子高齢化、大都市圏への一極集中と現在の日本には解決されないまま先送りされた問題が山積みされています。
それらの問題が一気に顕在化する団塊世代が75歳以上となる2025年を漫然と迎えるのか?
それとも有効な対策を打てるのか?
ただ、国の対策を待っていたのでは企業防衛はおぼつかないことだけは明白です。
現状を客観的に捉え、打つべき手立てをともに考え、進むべき道を皆さん”自らの手”で切り開く、そのお手伝いが出来れば幸いです。

現在、より良いご提案を行うためにアンケートをお願いしております。
■アンケート調査にご協力ください。
1.外国人労働者の採用に関する意識調査にご協力ください。
2.外国人介護士の必要性に関する意識調査にご協力ください。
3.人身売買・強制労働に関する報告書をご存知ですか?

【現行の技能実習生制度の問題点】問題を正しく把握しませんか?
1.現行の技能実習生制度の海外からの評価
2.技能実習生制度で認められた対象職種
3.技能実習生の違反事例
4.技能実習生の行方不明者
4.技能実習生の行方不明者
5.海外からの告発-2015年3月2日フィリピン海外雇用庁

■現状を正しく理解し、制度を有効に活用してみませんか?


まずはご相談ください。

////////////////////MANPOWER//////ASIA///////////////  










 
 2015年1月フィリピン看護・介護人材開発プロジェクトを開始しました!
※技能実習生制度に介護職が追加指定されます。
 
2014年11月4日

弊社とフィリピンOCTMEZ社はアジア圏の人材開発・育成コンサルティングを目的としたアジ アヒューマン リソース合同会社を設立致しました。
ASIA HUMAN RESOURCES LLC.

慈愛の心と、ホスピタリティーを併せ持つフィリピン人材は看護・介護のサービス提供者として、非 常に有望だといえます。
ただし、どのような事前教育を行うかによって、人材の輝きには大きな差異が生じることになり  ますので、短時間(フィリピンは300時間・他国は160時間)とはいえ、高い教育スキルと監理ノウハウ を持った送り出し機関であるかを見定める必要があります。
又、受け入れ後の監理団体の見極めも重要です。
しかしながら、最も重要なのは企業自身が技能実習制度の実態を正しく理解し、制度を正しく活用 することが肝要です。
目先のコストだけで制度を利用するとブラインドコストという大きな落とし穴が待ち受けています。

 
////////////////////AGURICULTURE//////ASIA///////////////  

  アジアの農業人材の育成・招聘     
       
若く、そして熱意と希望にあふれる農業人材をフィリピンの農業州ブラカンから招聘します。
必要に応じて、現地において徹底的な事前教育を行います。
■ブラカン州公式プロモーション2014

   
   
  21世紀はアジアの時代! まずはご相談ください。
21世紀はアジアの時代

  農業関連製品の提案
   
信頼度の高い日本製の農業機器・周辺製品をアジア諸国に紹介しています。

輸出例
  安心食材の市場開拓
   
 
安心・安全の高い日本産品の中でも、付加価値の高い北海道・京都の食材を中心にアジア諸国にご紹介しています。
 

 
  ■■■>>  アジア市場に発信する
ブランディング!! 
ASEANは6億8,000万の市場  
TPP参加を睨んでいよいよ日本の農業は正念場を迎えます。
安価な農作物が流入すれば、単にコストの高い日本の農作物は国内市場において壊滅的な打撃を被る可能性が高いと思われます。
しかし、その一方でブランド価値の高い日本の農作物にとっては
富裕層が育ったアジアは非常に有望な市場です。
ただ、いかに機械化を進めたとしても、人の手が不要になることはありません。
成否は
ブランディングと、新市場開拓・人材の確保に掛かっていると言っても過言ではありません。
そして、市場開拓・人材確保の観点からも
英語を母国語とするフィリピン農業人材は必ずや力を発揮することでしょう。

■私たちからのAJENDA
過疎化、承継問題にお悩みの農家の皆様、ご相談を受けておられる自治体、農協のご担当者の方々へ>>>>>>>>>
・フィリピンの自然豊かな農業州で生まれ育った純朴で若さ溢れる農業経験者を枯渇する日本の農業人材として育成し、安定的な戦力にしてみませんか?
・自慢の製品をアジアのバイヤー達に注目させたいと思いませんか?
まずはご相談ください。
///////////////////KYOTO///////HOKKAIDO////////ASIA//////////////

伸栄通商株式会社 コンサルタント部門

/
 Copyright2013 STC All rights Reserved.